配偶者、息子、娘、孫に生前贈与する相続税対策

 

親から子へ遺産を相続する場合には、法廷上必ず相続税が発生します。
相続税に対する節税対策には様々な方法がありますが中でも最も効果があると言われているのが生前贈与です。

 

生前贈与とは、名称の通り被相続人が生きている間に配偶者や息子、娘、孫に相続する方法となっています。
相続税は、遺産の金額が高ければ高いほど大きくなります。

 

そのため死後の相続する財産を減らす事で相続税の負担を少なく出来ます。
しかし、生前贈与の場合には贈与税が発生し贈与税に関しては相続税よりも高額になります。

 

そんな、贈与税には非課税となる金額があります。
年間で110万円までの贈与であれば贈与税を課税される事が無く配偶者や子供に贈与する事が出来ます。

 

生前贈与でも一気に相続をしようとすると高額な贈与税が発生してしまいますが、非課税枠の中で継続して子供や配偶者に相続する事で節税をする事が出来ます。
相続税は、被相続人が亡くなり遺産相続となった場合に必ず発生します。

 

節税対策をするには元気な生前のうちに少しずつ子供達に生前贈与をしていくと相続税の負担を少なくする事が出来ます。
大切な自身の遺産ですので相続税対策もしっかり行って家族に相続する事が大切です。

配偶者、息子、娘、孫に生前贈与する相続税対策の関連記事

生前贈与虎の巻〜非課税枠を使って相続税対策〜
相続税対策のコラム